その瞬間景色
目の前へ

Shunkei VTX

低遅延IP映像伝送システム
Shunkei VTX は、Glass-to-Glassで30msの低遅延を実現したIP映像伝送システムです。遠隔操縦をはじめとし、高いリアルタイム性を求められる双方向性アプリケーションに有効です。
G2G低遅延
Glass-to-Glassでの低遅延性に限りなく拘り、カメラからディスプレイまで、あらゆる場所での遅延を削減。
コマ落ちなし
遠隔操縦時など、速い動作をしている際にクリティカルになる映像のコマ落ちを防ぎ、快適な映像体験をお届け。
利便性の追及
現場で手間なく動作する製品を目指して、必要な周辺機能を妥協なく作成。
詳しくはこちら

Use Case

活用事例
construction machine

01|建設機械の遠隔操縦

人手不足解消や労働効率化のため、建設機械の遠隔操縦が進められています。そこで重要になる建設機械の操作性。Shunkei VTXでの映像伝送であれば、細部までこだわった低遅延で、水平引きや法面作成など高度な作業まで行うことが出来ます。
construction machine

02|ドローンでの高所点検

人間の目視による構造物の監視が必要にも関わらず、危険性やコストの問題で人間が直接監視が行えない場所の点検作業が存在します。Shunkei VTXの低遅延性とIP通信による映像伝送であれば、操作性の高い操縦のおかげで格段に快適な監視が実現できます。

Products

提供製品

Shunkei VTX 遠隔操縦フルセット

Shunkei VTX 映像伝送セット

ShunChecker-G2G

Activity

活動報告

Latest

テキサス州オースティンで開催される、SXSWに出展します。
2024.02.14
テキサス州オースティンで開催される、SXSWに出展します。
外部サイトへ
IPA主催の2023年度 未踏アドバンスト 成果報告会で発表を行いました。
2024.02.05
IPA主催の2023年度 未踏アドバンスト 成果報告会で発表を行いました。
Starlinkを用いた動作検証を行いました。
2024.02.01
Starlinkを用いた動作検証を行いました。
活動報告を見る

Business Partners

取引先
東海大学

シスコシステムズ合同会社